スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞の文化欄より。


12月6日(日)これは文化欄ではないのだけど、筒井康隆さんが「不条理の息詰まる面白さ」という表題で、カフカ作「審判」を取り上げている。「色んなことが‘どうでもいい’。これは面白かった。」意外と、‘どうでもいい’って面白いのかもしれませんね。それに‘どうでもいい’ってところに、各々の想像力だったり理屈だったりが介入できる余地があるんじゃないのかな。そして考えた後、やはり辿りつくのは「どうでもいい」こと(笑)。

12月7日(月)文化欄に演劇関連あり。2009年の演劇を回顧している。デカい作品ばかり選出して、あ~だこ~だ。野田秀樹が東京劇術劇場の芸術監督になって就任公演として自分の作品を上演したそうな。オナニー感が。
決してデカいお芝居が嫌いなのではないのだけど、どうしても日本のデカいお芝居には違和感がある。「観たい」という衝動に駆られない。「どうせ・・・」「あぁ~、はいはい」そういった気持ちになってしまう。素晴らしい脇役が多いのだけど、素晴らしい主役を採用せず、興行収入目的の、みてくれいいけどヘタクソな役者を起用。デカい芝居でみてくれ良くて演技もよかったのは阿部寛。つかこうへい作「熱海殺人事件モンテカルロイルージョン」。阿部さんとつかさんの壮絶なるバトルがあったに違いないな。

12月11日(金)文化欄。「新国立劇場は世界への窓」「牧阿佐美・舞台芸術監督、仕分け‘予算縮減’に反論」との表題。日本文化芸術振興会への予算縮減に対する反論。
日本の経済がひっ迫しているのだから、文化に金かけていられるか!というのはモットモなことではなかろうか。文化っていうものは庶民から発して庶民で収まるものだというのがオイラの気持ち。その「庶民的なもの」をサポートするのが行政機関。行政機関が悲鳴をあげているのにブーブー言ってどうするよ。日本の大きい劇場は、とかく「バブル劇場」と感じるものが多い。新国立劇場が最たるもの。帝国劇場で良いではないか!新国立劇場いらないいらない。見栄。お金をかけれて、本当に良いものを作っていってほしいと思うけど、感じるのは見栄ばかり。こけら落としに蜷川幸雄演出。大味な演出、大味な舞台。魂を感じる舞台がこれからを支えるはず。劇場はもういいから「国立演劇大学」を作ろう!人材を育成しよう!お金ないなら、ないなりのことを、しよう~~!

3つの欄の感想だした~


ちなみにこれからのテレビドラマでウケルのは「宇宙もの」と「家族バカもの」という予想をオイラがここにカキコしたことを、これを見た人、覚えておいてね~。
・・・オイラの予想なだけです・・・


レイコさんから電話をもらう。
明日、会える。

今日は結婚記念日。5年経ちました。
やすこ、ありがとう。






スポンサーサイト

マジック 「 I F 」

「もし○○が△△だったら」という発想を使って自分のことや他人のことを考えたりすること。これってどう思います?

って聞かれても困るか。。。



考え続けると疲れる。
でも、考えないで生きていることより考えているほうが有意義かも。
でも、無駄なことを考えていたら有意義じゃなく、ただの浪費。
でも、何が無駄なことで何がそうでないのかも、考えたり動いて体験しなければわからない。




るるるるるるるるぅ~~~~





重なって重なって・・・

重なるときは、色んなことが、重なる。
中国のテレビドラマの主役。
どうしても都合がつかなくて、オファーを泣く泣く蹴る。。。

こういうときは・・・





運が良いなぁ~! オイラ!!!





と言って、これからも頑張るのだぁ~~~







ひと。

大地の子を読破。
中国に住んで10年。
もっと早く読めば良かったかな。。。
でも来た当初は中国好きじゃなかったし。。。
きっと今がオイラにとってのベストタイミングであったのだろう。。。

ひと

理解しようとしても完璧にはできない。
というよりも、理解しようと思うのではなく、

自分が知りたいから、知ろうとする

それだけで良いこと。


知りたいと思って続けていたら、
完璧には知れないかもしれないけど、
無限の深淵の、限りなく完璧なところまで
行ける。。。はず。。。







始動!

オイラの劇団、稽古を開始しました。
『シャンハイムーン』です。
人間臭さ、が欲しい。
そう思っています。

テレビドラマのオファーが入りました。
最近、オーディションばかりで決まらないなぁ、と思っていたのですが、どうやら制作が遅れていただけで、落ちていたわけではなかったようです。それにしても、何故か、いつもオファーが重なる。今、5本のお仕事に声をかけてもらっている。撮影時期が重ならなければ良いのだが。。。

 コメディドラマに出演したのですが、その監督から連絡をもらい、「また是非!」っていわれた。なんのことかあまりピンとこなかったので、そのときご一緒させていただいた女優さんに連絡したら、編集作業中にオイラのことを気に入ってくれたらしいです。ありがたいことです。



もうすぐ!

もうすぐ、芝居の稽古を再開します。
第12回公演は、『シャンハイムーン』をやりたいなぁ、と。
とっても遅いのですが、山崎豊子さんの『大地の子』を読んでいます。





そして、公演は終了致しました。。。

劇団「上海アパッシュ」番外公演「アパッシュの雄叫び」、
無事、終演いたしました!
ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました!

オイラとしては。

今回の公演、とても、意義のある公演だったと思います。
今まで、いわゆる「現代劇」ばかり上演してきたのですが、
はじめて「コント」に取り組んだこと。

うん。

うん。





うん。







来週末、本番!

オイラの劇団の公演が来週末ある。

はじめての「コント」。
この公演を仕切っているのは、GOくんとふるちゃん。
オイラは一劇団員として参加。

さて、どうなることやら?!


ペ。そして、コ。

先週、火曜日に映画のオーディションで北京に飛びました。ほぼ出演が決まっていて、あとはオイラを実際に見てみて、それから「あてがき」して台本が出来上がるそうです。あてがき映画・・・初めての体験ですので、どんなものなのか、楽しみなのか不安なのかわからない、不思議な気持ちでいます。
そのオーディションの最中に、以前、同じ現場で出会った女優さんから電話が入り、、、

木曜日、杭州に入りました。

中国のコメディドラマ。
こちらも初めての体験。
北京で舞台をやっている日本人女優さんとも出会いました。
う~ん、、、この現場でのお話しはいろいろと書きたいのですが、
今は時間が足りない!!!

また時間をみて、書きます!!!

今は、上海。
バタバタと動いているのであります。


映画『南京!南京!』公開

明日、22日、公開されます。
現在、主役級の役者さんたちが舞台挨拶しています。
題名からわかるように、戦争の映画です。
中国の監督による、中国の戦争映画です。

その映画の舞台挨拶に、日本人俳優も、中国各地を巡業しています。

19日。杭州の舞台挨拶にて。
観衆から「この映画に出たということを、どう思いますか」
と日本人主人公が質問を受けました。
すると他の観衆が「大日本帝国主義反対!」「ばか!」
と罵倒をあびました。
彼は何も言えずただ泣いてしまったそうです。
また他の観衆が言いました。
「彼らにそんなことを言うのは適切ではない。彼らは勇敢だ。
 ありがとう、日本からの友達」

オイラもこの映画に出演させてもらった。
オイラもこの罵倒を浴びて良い立場だ。
他にも日本人俳優が出ている。

彼は今も中国各地をまわり、舞台挨拶をしている。
彼は色んなものを背負って、舞台挨拶をしている。
彼は、彼は、彼は、彼は、彼は、彼は・・・・・・・・・・・・・・・

この映画、「日本大キライ映画」ではありません。
そういう監督でした。
「人間」という動物を見つめているような・・・そんな監督でした。

監督は
「この映画は、是非、日本の皆さんにも観てもらいたい」
と言っています。

オイラも、そう思います。









プロフィール

せい

Author:せい
親サイトはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。